蜂の子で元気になろう

蜂の子で薄毛対策

蜂の子の豊富な栄養は、新陳代謝の促進、コラーゲンの生成、ホルモンバランスの調整など健康や美容効果があり、薄毛の対策にも有効に働きます。今回は、蜂の子の豊富な栄養の薄毛改善効果についてご説明します。

新陳代謝を促進して発毛・育毛をサポート

蜂の子にはアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれ新陳代謝を促進します。アミノ酸は、新陳代謝の原動力となると同時に、すべての細胞や組織を構成する成分です。骨や筋肉、内臓、血液、ホルモン、爪や髪の毛に至るまでアミノ酸でできています。新陳代謝が促進されることにより、頭皮も古く硬くなった細胞から弾力性のある若々しい細胞に生まれ変わり、血行も促進されることから栄養も行き渡り、頭髪の生育環境を改善します。また、ケラチンというタンパク質が主成分となっている頭髪も細胞が生まれ変わり、コシのあるしっかりした毛髪になります。

コラーゲンの生成が薄毛を改善

アミノ酸には保湿成分コラーゲンを生成する働きもあります。コラーゲンは細胞と細胞の間に存在し、水分や栄養を補給する働きがあります。頭皮のコラーゲンは頭皮を柔らかく保ち、毛髪が育成しやすい環境を作ります。毛母細胞を活性化し、髪の毛を太く、成長を促進します。コラーゲンの生成を促進するビタミンCや鉄分も含まれており、薄毛の改善に有効です。

ホルモンバランスを調整して薄毛を改善

薄毛の原因として男性ホルモンの過剰も上げられますが、蜂の子にはホルモンバランスを整えて薄毛の改善にも有効に働きます。蜂の子に含まれるアルギニンやトリプトファン、グリシン、チロシンなどのアミノ酸は成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンだけではなく、男性ホルモンや女性ホルモンなどの性ホルモンの分泌も促進し、バランスを整えます。そのため、ホルモンバランスの崩れから生じる更年期障害など体調不良も改善する効果があります。男性ホルモンテストステロンの分泌を抑えて皮脂腺から分泌される酵素との結合を防ぎ、薄毛を改善してくれます。

精神安定効果が薄毛を防ぐ

ストレスや精神的な苦労をすると毛が抜けるといいます。精神的な緊張を強いられることで、神経だけではなく皮膚なども緊張状態となり、血行の悪化、栄養不足などを起こすために毛髪の生育環境を悪化させることになります。蜂の子に含まれるトリプトファンには精神を安定させる働きがあり、自律神経を安定させる作用があります。精神的な疲労やストレスが軽減されることにより、毛髪の生育環境も改善し、薄毛の進行を防ぐことにつながります。

蜂の子には薄毛対策に優れた成分が多く含まれています。適切な洗髪で清潔に保ち、ブラッシングなどのケアも行うと、いっそう効果的です。

参考URL
蜂の子と薄毛対策の関係は?
http://meteorserver.org/server-docs/
薄毛のお悩みは蜂の子で解決
http://www.floridalinuxshow.com/article31.html
蜂の子の育毛効果
http://otk.minim.ne.jp/hair.html
蜂の子で白髪・薄毛を改善
https://www.hydeparkmedia.com/029.html