蜂の子で元気になろう

蜂の子で耳鳴りが治る?

蜂の子は栄養価が高く健康に良い食品ですが、蜂の子の疲労緩和作用が耳鳴りの改善にも効果があるといわれます。今回は、蜂の子の耳鳴り改善効果についてご説明します。

耳鳴りとは

耳鳴りは、実際には音がしないのにキーンという音やザーッというような雑音が聞こえる状態です。難聴とともに起こることが多く、軽度の不快感から、悪化するとストレスから不眠、うつなどの深刻な状況に陥ることもあります。耳の中の音を伝える蝸牛有毛細胞の異常運動や伝達システムの障害、信号変換機能の障害などが原因とされています。一時的に起こる生理的な耳鳴りもありますが、ストレスや病気による耳鳴りもありますので、早期に受診して原因を明らかにするべきです。

蜂の子を長期間摂取で難聴を改善?

耳鳴りを伴う難聴患者に蜂の子を12週間投与した結果、症状が改善したという報告があります。問診により耳鳴りの軽減、耳鳴りに伴う不安や苦痛の軽減がありました。聴力の検査では、2kMhと4kMhの音域での聴力の回復がみられました。この音域は「か」「さ」「た」などの子音の周波数にあたるため、音が聞きやすくなります。蜂の子をもっと長期間服用することにより、日常会話が円滑にできるようになることが期待されます。

コルチゾール分泌抑制が難聴を改善

蜂の子の耳鳴り改善効果は、ストレスを感じた時に唾液中に分泌されるホルモンコルチゾールやプロラクチンなどを抑制する働きによるものです。加齢によっても分泌量は増加しますが、強いストレスを感じた場合も多量に分泌されます。この状態が長く続いたり、度々繰り返すと、脳の海馬を委縮させ、脳へ悪影響を及ぼします。ストレスホルモンの分泌が抑制されると、ストレスを感じにくくなって神経の緊張状態が緩和され、精神的疲労も和らいでリラックスした状態になれることから、耳鳴りや難聴が改善すると考えられています。まず、受診して耳鳴りが病気によるものではないことを確認してから蜂の子を摂取してみるといいでしょう。

蜂の子には耳鳴りを改善する効果が期待できます。しかし、蜂の子は薬ではありませんので、長期間辛抱強く摂取することが大切です。サプリメントを利用すると、毎日の摂取も楽にできます。