蜂の子で元気になろう

蜂の子でプリン体対策

通風の原因になるから身体に悪いといわれるプリン体は蜂の子にも含まれています。プリン体の少ない食品を選んだり、プリン体を減らした食品まであります。今回は、プリン体とはどのようなものか、そして、蜂の子でのプリン体対策についてご説明します。

プリン体とは

プリン体は細胞の核を構成するDNAやRNAなどの核酸の構成成分です。プリン体があるから細胞は存在でき、細胞が多い生体には、それだけ多くのプリン体が存在します。エネルギー生成や体内の過剰な窒素の排出にもかかわる重要な働きをしていますので、適量のプリン体は健康維持に欠かせない成分です。テレビのCMなどでプリン体が悪者となり、プリン体を含む食品が敬遠されています。しかし、体内のプリン体の70~80%は食品からの摂取ではなく、体内で生成されています。プリン体が過剰になると、尿酸が蓄積されることで高尿酸血症を起こし、長期化すると尿酸が結晶して関節・内臓・尿路などに沈着し病気の原因となります。

蜂の子のプリン体抑制効果

新陳代謝促進で排出促進

蜂の子にはアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、新陳代謝を促進する働きがあります。新陳代謝が活発になると、内臓機能の向上、血流改善など、身体の機能が高まり、プリン体の代謝から代謝で合成された尿酸の排出も促進されます。代謝力の高い健康な身体を維持することで尿酸値も抑えられます。

脂肪燃焼で蓄積予防

プリン体やその代謝物尿酸の排出を妨げ、蓄積しやすくするのが脂肪です。蜂の子の新陳代謝促進作用、脂肪燃焼効果は脂肪の代謝を促進して尿酸の蓄積を防ぎます。新陳代謝の原動力となるアミノ酸は、成長ホルモンの分泌を活発にします。成長ホルモンには脂肪の燃焼を促進する働きがあります。また、アミノ酸の一種アルギニンは筋力トレーニングにも使われるように、脂肪燃焼の促進と筋肉強化の働きがあります。脂肪燃焼と筋肉強化の働きは代謝を高めますので、尿酸が蓄積されない体質作りができます。

食事でのプリン体抑制効果

食品から摂取・吸収されるプリン体は20~30%程度ですから、細胞密度の高い肉や魚などを食べ過ぎないという程度で良いでしょう。食べ方を工夫するだけでもプリン体を抑えることができます。

  • 野菜やきのこ、海藻類を積極的に摂ります。尿をアルカリ化する食材は尿酸の排出を促進し、プリン体の体内への貯留を抑制します。
  • 茹でる・煮るの調理方法をとります。プリン体は水に溶けやすいため、プリン体の摂取を抑えることができます。
  • 乳製品を積極的に取ります。乳製品はプリン体が少なく、尿酸の排出を促進します。

食品に含まれるプリン体は過度に気にする必要はなく、栄養バランスの取れた食事が大切です。新陳代謝を促進してくれる蜂の子の摂取に加え、適度な運動を取り入れて肥満予防にも取り組むと、効果アップにもなります。