蜂の子で元気になろう

蜂の子で不眠を改善

蜂の子に含まれる必須アミノ酸トリプトファンは脳内でセロトニンやメラトニンを生成して、不眠の改善に働きます。トリプトファンの濃度が高まるほど効果は高くなります。今回は、トリプトファンの不眠改善効果についてご説明します。

精神安定作用で不眠を解消するセロトニン

蜂の子に含まれる必須アミノ酸トリプトファンは肝臓や腎臓で代謝されると活動のエネルギー源となります。一方、脳内では、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムと結びつきセロトニンを生成します。セロトニンは神経伝達物質で、ドーパミンやノルアドレナリンの働きを抑え、精神を安定させる働きがあります。神経の興奮状態を鎮静化することで疲労やストレスを軽減し、リラックスした状態になります。脳内のトリプトファン濃度が高いほどセロトニンも増加します。その結果、催眠作用や鎮静作用が生まれ、不眠の解消や不眠による体調不良などの改善に効果があります。アメリカでは、不眠の解消や精神を安定させるサプリメントとしても販売されています。

体内時計を整えて睡眠を改善するメラトニン

トリプトファンから生成されたセロトニンは、松果体に運ばれるとメラトニンに変換されます。メラトニンには血中濃度が昼に低くなり、夜に高くなるという性質があります。このため、覚醒のリズムや身体機能の調節に働き、睡眠が改善されます。メラトニンの生成には光量も影響していますので、朝に太陽の日を浴び、夜就寝時には暗くするという習慣をつけることも、一日のリズムを作るためには大切です。トリプトファンの摂取によりメラトニンが増加して作用が高くなると、睡眠障害の改善や睡眠の質の向上に効果があります。海外旅行による時差ボケの予防や解消にも効果があるといわれています。メラトニンには抗酸化作用もありますので、活性酸素の発生や活動を抑制して体調を整える効果も期待できます。

蜂の子には不眠の改善に有効な成分が含まれており、継続的に摂取するといいでしょう。サプリなどで摂取する場合は、過剰摂取とならないように用法用量を守って利用してください。

参考URL
蜂の子で不眠を解消
http://www.schroonlake.org/08.html
蜂の子に含まれている睡眠ホルモン
http://www.belarus-online.com/david/prices.html