蜂の子で元気になろう

蜂の子とギャバ

蜂の子のサプリにはギャバを配合したものがあります。不足しやすいアミノ酸の一種ギャバを配合することにより蜂の子の働きを高めています。今回は、蜂の子とギャバの相乗効果についてご説明します。

ギャバとは

ギャバは正式名称をγ‐アミノ酪酸といい、英語名の頭文字をとった略称です。アミノ酸の一種で神経系の伝達物質として作用します。海馬や小脳、脊髄などに存在し、脳内の興奮の抑制、精神安定、血圧降下作用などがあります。漬物や味噌などの発酵食品、発芽玄米などに含まれ、また、グルタミン酸やイチョウ葉エキスなどからも合成されます。食物から取り入れることで、加齢による減少を補い、精神の安定と健康に役立ちます。

蜂の子とギャバの相乗効果

リラックス効果

蜂の子は、成分の必須アミノ酸トリプトファンが脳内でセロトニンの原料となり、セロトニンがノルアドレナリンやドーパミンの作用を抑制することで興奮の抑制や精神の安定効果があります。ギャバは、ストレスや運動により増加するアドレナリンの分泌を抑制して興奮状態を抑えます。作用の異なる成分を配合することで効果が高くなりますので、肉体的にもリラックスした状態が得られます。

睡眠改善効果

蜂の子に含まれるトリプトファンがセロトニンの原料となり、セロトニンが精神を安定させることで睡眠障害も改善する働きがあります。さらに、セロトニンは、脳の松果体でメラトニンに変換され、体内時計を調整するように作用しますので、正常な睡眠へと導きます。ギャバの精神安定作用は脳内の興奮を抑え、睡眠に入りやすい体内環境を整えます。

血圧安定効果

蜂の子は、新陳代謝促進により体質改善に効果があります。内臓や筋肉の強化、血行促進、血流改善、また、抗酸化成分が脂質の代謝促進や酸化予防に作用しますので、血圧の安定や生活習慣病などの予防に効果があります。ギャバは、腎臓の機能を高めて高血圧の原因となるナトリウムの排出を促進します。正常血圧に対しては作用せず、高血圧にのみ作用します。

蜂の子とギャバを配合することにより多くの相乗効果があります。加齢やストレス、睡眠不足などギャバは不足しやすいものです。食事から摂取することも大切ですが、サプリなどを利用して補うとより効果的に吸収できます。