蜂の子で元気になろう

蜂の子でめまいを改善

めまいには病気から起こるものやストレス、自律神経の乱れから起こるものなどがあります。まずは、病院を受診して、めまいの原因を調べることが必要です。病気以外の軽度のめまいであれば、蜂の子が改善してくれます。今回は、蜂の子がどのようにめまいの改善に作用するのかご説明します。

めまいとは

めまいには、自分または周囲がぐるぐる回る回転性のめまい、浮いてふらつくような浮動性のめまい、血の気が引いて気の遠くなるような感覚の立ちくらみの三種類の症状があります。原因にも脳や神経、耳などの疾患によるもの、ストレスや自律神経の乱れ、血圧の急激な変化などから起こる一過性のものがあります。重篤な症状や疾患によるものは医学的な治療が必要になりますが、軽度の症状のめまいは食生活の改善や十分な休息を摂ることにより改善することができます。

ストレス軽減でめまい改善

蜂の子に含まれるアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養成分が新陳代謝を促進し、血流改善、免疫力強化など体の中から健康増進に効果があります。血流が改善され各器官の働きがよくなると内耳のリンパの流れも改善しますので、最近増加しているメニエール病の改善にも効果があります。また、蜂の子には精神安定作用もありますので、精神的なストレスも軽減してくれますので、めまいも改善されるようになります。

自律神経を整えてめまい解消

蜂の子の体力・疲労回復効果は睡眠を改善する効果もあります。蜂の子に含まれるアミノ酸は視床下部を刺激し成長ホルモンの分泌を促す働きがありますが、成長ホルモンは睡眠中に分泌が促進されますので、睡眠の改善は成長ホルモンの分泌をさらに活発にします。また同時に性ホルモンや各種ホルモンの分泌もよくなります。視床下部は自律神経にもかかわっていますので、そのバランスも整うようになります。自律神経の働きが改善されると、神経の麻痺や異常から起こっていためまいやふらつきが改善されます。

蜂の子にはめまい改善にも有効な食品です。めまいは吐き気や頭痛、耳鳴りや難聴などの症状を伴って起こることも多いので、症状が軽いうちに栄養摂取や休息などの対策をとることが大切です。蜂の子に効果はあっても薬ではありませんので即効性はありません。日頃の健康管理のために食事に取り入れてはいかがでしょうか。